現在の位置

119番の正しいかけ方

通報は、「落ち着いて」「はっきり」「正確」に!! 局番なしの119番

 目の前で火災や事故が発生したとき、人はどうしても気が動転し興奮した状態になりがちです。
 慌てたまま『119番』通報をしても正確な情報が伝えられないかもしれません。
 時間を争う状況でも「落ち着いて」「はっきり」「正確」な情報を伝えることが迅速かつ適切な消防・救急活動へと繋がります。
 
 消防署では、『119番』通報を受けると消防車や救急車など適切な車両を災害現場へ直ちに出動させます。
 もし慌てて、場所や状況を正しく伝えられなければ、消防車や救急車などが現場への到着が遅れてしまい災害が拡大し大参事となることや、助かる命が助からなくなる場合があります。

 皆さんの正しい『119番』通報が、迅速で的確な消防活動に繋がるのです。

119番通報のポイント

 消防車や救急車が早く到着出来るように次のことに注意してください。

  1. 安全な場所から落ち着いて通報しましょう。
  2. 「火災」なのか「救急」なのか、それ以外の災害なのかをはっきりと。
  3. 災害が起こっている場所を詳しく正確に。
    わからなければ目印となる建物や公園、交差点など目標となるものを。
  4. 何が(誰が)どうしたか、災害の状況を詳しくはっきりと。
    • 火災のとき…何が燃えていて、逃げ遅れや怪我をしている人はいるか。
    • 救急のとき…病人やけが人の数と症状や状態、なぜそうなったのか。
  5. 通報者の名前と電話番号を明らかに。

 119番の通報要領

通報要領(PDF:79.7KB)

携帯電話からの119番通報

  • 通常の固定電話と同じで局番なしの『119番』です。
  • 自動車などで走行中に『119番』通報するときは、必ず安全な場所に停車してから通報してください。
  • 通報場所の住所を正確に伝えてください。
    通報地点の管轄外の消防署に『119番』通報が繋がる場合があります。その時は、通報地点を管轄する消防署へ電話を転送します。
     また、『119番』を転送するとき、時間がかかる場合がありますので通話を切らずにお待ちください。
  • 消防隊や救急隊が到着するまでは、再確認のため指令室からかけ直すことがありますので電話番号を明らかにし、携帯電話の電源を切らないでください。
  • 電波状態が悪い場合は、固定電話や公衆電話からの通報も考慮してください。

 

救急車が着くまでに

 病人やけが人の状態に応じて人工呼吸や止血等の「応急手当」をお願いすることがあります。
 電話で「応急手当」の方法を説明しますので、救急車の到着まで慌てず落ち着いて指示に従って実施してください。

停電時の注意

 停電時は、電源を必要とする家庭用の電話機(黒電話を除く)やIP電話などは使用できなくなる場合があります。
 このようなときは、携帯電話や公衆電話などにより「119番通報」してください。
 また、緊急通報システム(火災・救急事案の発生時に自動または手動で消防機関等に通報できる機器)も、停電時は作動せずに通報されない場合がありますのでご注意ください。

『119番』の適正利用にご協力をお願いします

 『119番』は、火災や救急などの緊急時の専用電話です。
 近年、「診察をしている病院を教えてください」や「サイレンが聞こえたが火事はどこですか」といった問い合わせが増えてきています。
 このような問い合わせが増えると、消防車や救急車の出動を必要とする通報への対応が遅れてしまう場合があります。

 消防や火災の情報は、「災害情報ダイヤル」0738-22-0119(音声案内)へおかけください。
 その他のお問い合わせは、「御坊市消防本部」0738-22-0800へおかけください。

救急車の適正利用にご協力ください(PDF:924.1KB)

お問い合わせ先
御坊市 消防本部
〒644-0011
和歌山県御坊市湯川町財部221番地1
電話:0738-22-0800 ファックス:0738-22-5192
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。