現在の位置

消火器の正しい使い方

使い方

安全栓を引き抜いている画像

1. 最初に火災から離れた場所で安全栓を引き抜きます。

正しい持ち方の画像

2. 次にホースを炎ではなく燃えているものに向け、レバーを強く握り消火剤を放射しましょう。
(消火剤は出し切りましょう。)

住宅用消火器

2種類の消火器の写真
  • ABC粉末消火器(写真の左側)
  • 強化液消火器(写真の右側)

火災を大きくしないためにも、すばやく消火することが大切です。
一般的には、炎が天井付近に達するまでは、消火器で消すことができます。万一のためにも消火器はいつでも使えるところに置いておきましょう。

安心マークの画像

住宅用消火器には、安心マークがついています。 

住宅防火 いのちを守る 7つのポイント ―3つの習慣・4つの対策―

3つの習慣

  • 寝たばこは、絶対にやめる。
  • ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
  • ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策

  • 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器等を設置する。
  • 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
  • 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
  • お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

消火器を廃棄するときは…

不用になった消火器を廃棄する場合は次のことに注意して下さい。

  • 消火器は一般のごみの回収には出さないで下さい。
  • 消火器の廃棄は、購入店または消火器専門業者に相談、依頼してください。
    (消火器の廃棄処理は、メーカーや消火器の種類などによって価格に違いはありますが、有料になります。)
  • 廃棄しようとする消火器は、絶対に分解したり、放射したりしないで下さい。

次のような消火器は、廃棄・更新をお薦めします。

  • ラベルに書かれた「耐用年数」を過ぎている消火器
  • 錆びたり、腐食している箇所がある消火器
  • 容器などに大きなキズや変形した箇所がある消火器
お問い合わせ先
御坊市 消防本部
〒644-0011
和歌山県御坊市湯川町財部221番地1
電話:0738-22-0800 ファックス:0738-22-5192
お問い合わせフォーム