現在の位置

介護保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響による場合

 新型コロナウイルス感染症(以下「コロナ」という。)の影響が原因で、次の要件を満たす方は介護保険料を減免することができます。

 コロナ以外の理由により減免を必要とされる方は、「コロナ以外の理由による場合」をご参照ください。

減免対象となる方

1 コロナにより、主たる生計維持者が死亡又は重篤な傷病を負った第1号被保険者

  → 全額免除

2 コロナにより、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる第1号被保険者

  → 保険料の全部または一部を減額

 
※主たる生計維持者の収入減少の要件は、次のア、イに該当すること。
 ア 事業収入等(「事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入」をいう。)の種類ごとの
  収入のいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること。
 イ 減少が見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下である
  こと。

減免期間と減免額

減免期間 : 令和2年2月1日~令和3年3月31日までに納期限が定められている保険料

       ※特別徴収においては支払日

減 免 額 : (A×B÷C)×D

 
A:第1号被保険者の保険料額
B:主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額
C:主たる生計維持者の前年の合計所得額
D:前年の合計所得金額に応じた減免割合 200万円以下:10/10、200万円を超える:8/10

コロナ以外の理由による場合

減免対象となる理由

1 第1号被保険者又はその属する世帯の生計を主として維持する者が、震災、風水害、火災

 その他これらに類する災害により、住宅、家財又はその他の財産について著しい損害を受け

 たこと

2 第1号被保険者の属する世帯の生計を主として維持する者が死亡したとき、又はその者が

 心身に重大な障害を受け、若しくは長期間入院したことにより、その者の収入が著しく減少

 したこと

3 第1号被保険者の属する世帯の生計を主として維持する者の収入が、事業又は業務の休

 廃止、事業における著しい損失、失業等により著しく減少したこと

4 第1号被保険者の属する世帯の生計を主として維持する者の収入が、干ばつ、冷害、凍霜

 害等により農作物の不作、不漁その他これに類する理由により著しく減少したこと

5 その他特別の理由があること

減免期間

 普通徴収 : 納期限前7日までに申請した月分から当該年度3月分まで

 特別徴収 : 支払い月の前々月15日までに申請した月分から当該年度2月分まで

 

※減免の適用範囲及び減免割合等は別表を参照してください。

別表(PDF:69.3KB)

申請書等

介護保険料減免申請書(RTF:39.8KB)

介護保険過誤納還付金口座届出書(WORD:40.5KB)

申請書記載例(コロナ)(PDF:105.8KB)

申請書記載例(災害等)(PDF:90.1KB)

お問い合わせ先
御坊市 市民福祉部 介護福祉課
〒644-8686
和歌山県御坊市薗350番地
電話:0738-23-5851 ファックス:0738-23-2550
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。