現在の位置

御坊市企業者等応援給付金(新型コロナウイルス感染症関連)

 御坊市では、新型コロナウイルス感染症の拡大や緊急事態宣言等の影響により売上が減少している市内の企業者等に対して、事業継続に向けた取り組みを支援するための給付金を給付します。

給付対象者

次のいずれかに該当すること

  • 御坊市内に本店を有する法人
  • 御坊市内に住民登録を有し、かつ、御坊市内で事業を行っている個人事業者
    (個人事業者は、確定申告・市県民税申告において、営業収入または農業収入を申告している方)

ただし、次の者は対象外(不支給者)となります。

  • 宗教上の組織または団体
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律(昭和23年号外法律第122号)に規定する「性風俗関連特殊営業」及び当該営業に係る「接客業務受託営業」を行う事業者
  • 既に御坊市企業者等応援給付金の支給を受けた者
  • 給付金の趣旨及び目的に照らして適当でないと市長が判断する者

給付条件

 次の全てに該当すること(売上減少要件に係る前年同月の売上の考え方は、申請者の収入の申告方法により異なります。なお、国の持続化給付金と同様の考え方を採用しています)

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年1月から5月までの期間のいずれかの1か月の売上が、前年同月の売上と比較して30%以上減少していること
  • 令和2年1月から5月までの期間の全ての月における売上が、前年同月の売上と比較して50%以上減少していないこと
    50%以上減少している場合は、国の持続化給付金制度の対象となります。
  • 御坊市内で過去1年以上継続して事業を営んでおり、かつ、今後も1年以上事業を営む予定であること
  • 国民健康保険税を含む市税に滞納がないこと
    (令和元年12月末日までに納期が到来した市税に限ります)
  • 御坊市暴力団排除条例(平成23年条例第18号)第2条第1号に規定する暴力団、同条第2号に規定する暴力団員及び同条第3号に規定する暴力団員等でないこと、並びにこれらの者と密接な関係を有するものでないこと

  

【新型コロナウイルス】持続化給付金(法人:200万円・個人事業者:100万円)に関するお知らせ

給付金額

最大20万円

給付金計算方法

法人の場合

S 支給額(最大20万円。1,000円未満は切り捨て)
A 対象月の属する事業年度の直前の事業年度の年間事業収入
B 対象月の収入金額
  (令和2年1月から5月までのいずれかの月の収入金額が前年同月比で30%以上50%未満
  減少している月(対象月)の収入金額)

S = A - B × 12

個人の場合

S 支給額(最大20万円。1,000円未満は切り捨て)
A 平成31年1月から令和元年12月までの1年間の総収入金額
B 対象月の収入金額
 (令和2年1月から5月までのいずれかの月の収入金額が前年同月比で30%以上50%未満
  減少している月(対象月)の収入金額)

S = A - B × 12

申請期間

令和2年6月1日(月曜日)から8月31日(月曜日)まで

申請会場

御坊市企業者等応援給付金申請窓口(御坊市役所2階)

申請書類

 御坊市企業者等応援給付金交付申請書兼請求書、及び、添付書類を提出してください。
 御坊市企業者等応援給付金交付申請書兼請求書は当ホームページより印刷してご使用ください。また、御坊市役所商工振興課にも備え付けています。

御坊市企業者等応援給付金交付申請書兼請求書(PDF:184.7KB)

添付書類

 個人事業者の場合は、収入の申告方法により添付書類が異なりますので、ご注意ください。

法人の場合

  • 法人税確定申告書 別表一の控えの写し(1枚)
    対象月の属する事業年度の直前の事業年度の分を提出してください。
    法人税確定申告書 別表一の控えに税務署の収受日付印が押されていること。e-Taxで申告を行っている場合は、受信通知を添付してください。
  • 法人事業概況説明書の控えの写し(2枚(両面))
    2枚目(裏面)の「18月別の売上高等の状況」欄で、平成31年1月から令和元年5月の月別の売上(収入)金額を確認することができるもの
    決算月が1月から4月の場合は、2か年度分必要になります。
  • 令和2年1月から5月までの収入金額を記した帳簿等
    フォーマットの指定はありません。経理ソフト等から抽出したデータ、エクセルデータ、手書きの売上台帳などの写し
  • 法人名義の預金通帳の写し(法人の代表者名義でも可)
    (銀行名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義人(フリガナ)が確認できること)

個人事業者の場合(確定申告(青色申告))

  • 令和元年分の確定申告書 第一表の控えの写し(1枚)
    確定申告書 第一表の控えに税務署の収受日付印が押されていること。
    e-Taxで申告を行っている場合は、受信通知を添付してください。(税務署でe-Tax申告を行っている場合は、受付日時が印字されていること)。
  • 令和元年分の青色申告決算書の控えの写し(2枚(両面))
    表面(1枚目)の損益計算書、2枚目(裏面)の月別売上(収入)金額及び仕入金額が記載されている箇所
    なお、農業収入分については提出不要となります。
  • 令和2年1月から5月までの収入金額を記した帳簿等
    フォーマットの指定はありません。経理ソフト等から抽出したデータ、エクセルデータ、手書きの売上台帳などの写し
  • 申請者の本人確認書類の写し(運転免許証・マイナンバーカード表面など)
  • 申請者本人名義の通帳の写し
    (銀行名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義人(フリガナ)が確認できること)

個人事業者の場合(確定申告(白色申告))

  • 令和元年分の確定申告書 第一表の控えの写し(1枚)
    確定申告書 第一表の控えに税務署の収受日付印が押されていること。
    e-Taxで申告を行っている場合は、受信通知を添付してください(税務署でe-Tax申告を行っている場合は、受付日時が印字されていること)。
  • 令和2年1月から5月までの収入金額を記した帳簿等
    フォーマットの指定はありません。経理ソフト等から抽出したデータ、エクセルデータ、手書きの売上台帳などの写し
  • 申請者の本人確認書類の写し(運転免許証・マイナンバーカード表面など)
  • 申請者本人名義の通帳の写し
    (銀行名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義人(フリガナ)が確認できること)

個人事業者の場合(市県民税申告) 

  • 令和2年1月から5月までの収入金額を記した帳簿等
    フォーマットの指定はありません。経理ソフト等から抽出したデータ、エクセルデータ、手書きの売上台帳などの写し
  • 申請者の本人確認書類の写し(運転免許証・マイナンバーカード表面など)
  • 申請者本人名義の通帳の写し
    (銀行名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義人(フリガナ)が確認できること)

申請方法

御坊市企業者等応援給付金申請窓口で申請(完全予約制)

 新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、完全予約制となります。
 事前に御坊市役所商工振興課まで電話をしていただき、申請日時を予約してください。
 申請受付時に申請書の訂正をしていただくことも考えられますので、印鑑(法人におかれましては代表印)を持参してください。

郵送による申請

 御坊市企業者等応援給付金交付申請書兼請求書・添付書類を御坊市役所商工振興課まで郵送してください。

 申請書の記入方法等については、「支給申請の手引き」をご参照ください。

支給申請の手引き

支給申請の手引き(個人事業者向け)(PDF:1.7MB)

支給申請の手引き(法人向け)(PDF:1.2MB)

お問い合わせ先
御坊市 産業建設部 商工振興課
〒644-8686
和歌山県御坊市薗350番地
電話:0738-23-5531 ファックス:0738-23-5848
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。