現在の位置

和歌山工業高等専門学校との取り組み

明神川コンクリート舗装

※平成31年度及び令和2年度は新型コロナ感染症の影響により未実施

見出し写真

 和歌山県の事業の1つである、地域住民が自分たちで小規模な土木工事を行う、「住民参加型直営施工事業」。明神川区ではこの事業を活用し、平成22年度から直営施工を行っていましたが、近年の高齢化が進み、参加者の大半が50歳を超えている状態でした。

 そこで、和歌山工業高等専門学校のボランティアサークル「アメーバ」に工事の作業協力をお願いしたところ快諾していただき、明神川区の地域住民と和歌山工業高等専門学校の学生が協働で行う、コンクリート舗装工事を年間2回実施しています。

 平成30年1月13日(土曜日)と27日(土曜日)の2日間で295mのコンクリート舗装が完了しました。寒空の中、やっとコンクリートを打ち終わったと思った矢先、やわらかい舗装面を猟犬が走り回り、大量の足跡をつけるというアクシデントもありましたが、みんなで協力し無事に工事を完了することが出来ました。

 地元住民の方からは、「高専の学生さんが手伝ってくれると、工事が大変 楽になるのでありがたい。毎年来て欲しい。」との声が上がっています。また、学生さんたちにとっても実際に工事現場で作業する貴重な体験になったのではないでしょうか。

 

 今後もこのような取り組みを続けていきたいと考えています。他の学校等でもご協力いただける場合は農林水産課までお問い合わせください。

作業状況

作業1

作業2

作業3

作業4

完成と工事前

完成1

工事前1

完成2

工事前2