現在の位置

日高川の野鳥(四季)

(日高川河口の写真画像)

 

 日高川が野鳥たちでにぎわうのは、なんといっても冬である。カモやカモメの仲間が冬鳥として渡来し、河原の草むらでは、小鳥たちが越冬する。
 天田橋付近では、毎年700羽以上のカモたちが越冬する。マガモヒドリガモが多く、ホシハジロオカヨシガモコガモカルガモヨシガモオナガガモキンクロハジロなども見られる。日中は休んでいることが多く、くちばしを背中に入れて、波間に浮かんでいる。
 カモメの仲間は、堤防の上で休んでいる姿を見ることが多い。カモメウミネコが多く、セグロカモメオオセグロカモメも少数混じる。カモメたちは、いつも見られるわけではなく、海に採餌に出かけているときは、ほとんど見られないこともある。
 冬の日高川は、小鳥たちもにぎやかである。草むらに潜んでいて、姿はあまり見せないが、アオジツグミカワラヒワベニマシコジョウビタキなどの声が盛んに聞こえる。この小鳥たちの声が、急に静かになったら注意が必要だ。上空をタカが飛んでいることが多い。ミサゴノスリオオタカハイタカなどが、日高川では見られる。
 カモたちの姿が、何となく少なくなってきたと思う頃、ホオジロウグイスがさえずり始める。気がつくと、渡ってきたばかりのツバメが飛び交い、春の訪れを感じさせる。石ころだらけの河原では、もう繁殖を始めた鳥がいる。イカルチドリだ。その色は、まさに保護色、じっとしていれば全く気がつかない。草むらでは、キジも繁殖を始めたようだ。雄の声があちらこちらから聞こえてくる。
 やがて、干潟にシギの仲間が渡来する。キアシシギチュウシャクシギは、栄養を蓄えたあと、さらに北に向かって旅立つ。
 川面を初夏の風が吹き渡る頃、オオヨシキリのにぎやかな声が盛んに聞こえるようになる。河原では、コチドリも繁殖を始めたようだ。
 うだるような暑さの真夏、鳥たちの姿もあまり目立たない。見かけるのは、留鳥として一年中見られるスズメムクドリトビハシボソガラスアオサギなどである。それでも、暑さが和らぎ、秋の気配が漂う頃、シギの仲間が再び渡来する。ハマシギは、春よりも秋に多く見られ、越冬することもある。
 シギたちの渡りが一段落し、澄み切った秋の青空が広がる頃、モズのするどい高鳴きが聞こえるようになる。木々の葉が少なくなり、草の緑も徐々に色あせる頃、再び川面にカモたちの姿を見かけるようになる。同じ頃、カワウも姿を見せる。カモメたちの群れを見る頃には、今年最初の木枯らしも吹き始めるだろう。

写真撮影   沼野 正博

各野鳥の写真画像は下記リンク「野鳥写真一覧」からご覧下さい。

野鳥写真一覧

お問い合わせ先
御坊市 教育委員会 生涯学習課
〒644-0002
和歌山県御坊市薗367番地
電話:0738-23-5525 ファックス:0738-24-0528
お問い合わせフォーム