現在の位置

成年年齢引き下げ後の成人式について

成年年齢引き下げ後も御坊市成人式は従来どおり20歳を対象に開催します

 民法改正により、令和4年(2022年)4月から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。しかしながら、御坊市では以下の理由により、法律施行後も従来どおり成人式を当該年度に20歳になる方を対象とし、開催することとしましたのでお知らせします。

 なお、式典の名称は「(仮称)20歳を祝う会」などに変更していくことを検討しています。

 また、実施時期につきましても、従来どおり「成人の日」(1月の第2月曜日)の前日の日曜日を予定しています。

 

★20歳を対象とする主な理由

  1. 18歳は、その多くが高校3年生ということもあり、就職や進学など将来の進路に大きく関わる大切な時期である。そのため、18歳で実施するよりも20歳で実施する方が、本人、家族が落ち着いた環境で式典に臨めること。
  2. 飲酒、喫煙などの年齢制限は20歳のままであるので、引き続き20歳が重要な節目であること。
  3. 初年度(令和5年1月)は、18歳から20歳までの3学年が対象となり、会場の確保や運営が非常に困難になるため。
お問い合わせ先
御坊市 教育委員会 生涯学習課
〒644-0002
和歌山県御坊市薗367番地
電話:0738-23-5525 ファックス:0738-24-0528
お問い合わせフォーム