現在の位置

御坊市立学校施設の耐震診断結果及び耐震化状況の公表について

御坊市立学校施設の耐震診断結果及び耐震化状況の公表について

 学校施設は、児童及び生徒等が一日の大半を過ごす活動の場であり、地震等の非常災害時には地域住民の緊急避難所としての役割も果たすことから、その耐震性能の向上を図り、安全性を確保することは極めて重要なことです。

 御坊市では対象となる施設(昭和56年以前の建築基準法に基づいて設計・施工された建築物のうち木造以外の校舎等で2階以上、または延べ床面積が200平方メートルを超えるもの)について、万が一の災害に備え、耐震診断を実施し、その結果に基づいて、計画的に耐震化を進めた結果、平成28年度をもって、すべての学校施設の耐震化が完了しています。

新耐震基準

 昭和56年6月の建築基準法の改正により、改正後の耐震基準が「新耐震基準」、これ以前の基準が「旧耐震基準」と呼ばれています。

IS値(構造耐震指標)

 耐震診断の結果算出される耐震性能を表す指標のことで、Is値 0.6以上で耐震性能を満たすとされていますが、文部科学省では学校の耐震強度はIs値 0.7以上を安全の目安としています。

Is値 構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性
Is<0.3 地震に対して倒壊または崩壊する危険性が高い
0.3≦Is<0.6未満 地震に対して倒壊または崩壊する危険性がある
0.6≦Is 地震に対して倒壊または崩壊する危険性が低い

耐震診断結果及び耐震化状況

学校施設の耐震診断結果及び耐震化の状況は、次のとおりです。

御坊市立学校施設の耐震診断結果及び耐震化状況(PDF:281.3KB)

お問い合わせ先
御坊市 教育委員会 教育総務課
〒644-0002
和歌山県御坊市薗367番地
電話:0738-23-5525 ファックス:0738-24-0528
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。