現在の位置

農薬散布について

気をつけてください!!!
平成18年5月29日から、農産物の残留農薬基準が大きく変わりました!

農薬を使用される皆さんへ

 農産物の安全性確保については、食品衛生法により残留基準が設定されています。この残留農薬基準の内容が、平成18年5月より大きく変わり「ポジティブリスト制」が導入されます。

ポジティブリスト制とは

 農薬が残留した農産物の流通を原則禁止し、残留が許される場合について、作物ごとに基準を示すもので、導入後はすべての農薬と作物の組み合せで基準が設定されます。これまでは、残留基準のない作物は規制がありませんでした。

基準の設定方法は、以下のとおりです。(これまで残留基準が設定されていないもの)

  1. 登録保留基準や諸外国基準を参考・・・・「暫定基準」
  2. 国内外の基準のないもの・・・・・・・「一律基準(0.01パーツ・パー・ミリオン)」

 農薬を使用する際には、使用基準を遵守し適正な使用に努めるとともに、周辺環境への配慮や使用履歴の記録等が一層重要となります。

農薬散布の注意

  1. 散布量が多くなりすぎないように気をつけましょう。
    散布は必要最小限の量と区域で行うようにしましょう。
  2. 風の弱い時に風向きに気をつけて散布しましょう。
    風下に別の作物がある時は特に注意が必要です。
  3. 散布の方向や位置に気をつけて散布しましょう。
    できるだけ作物の近くから、作物だけにかかるように散布しましょう。
    圃場の端部での散布は外側から内側に向けて行うようにしましょう。
  4. 細かすぎる散布粒子のノズルは使わないようにし、散布圧力を上げすぎないようにしましょう。
    粒子が細かいほど、圧力を高めるほど飛散しやすくなります。
  5. タンクやホースは洗いもれがないようきれいに洗っておきましょう。
  6. その他
    まわりの作物にも登録のある農薬を使用しましょう。
    飛散しにくい剤型(粒剤等)の農薬を使用しましょう。
    環境区域内では農薬を散布しないで下さい。
    まわりの作物をネットやシートなどで遮蔽したり一時的に覆いましょう。
お問い合わせ先
御坊市 産業建設部 農林水産課
〒644-8686
和歌山県御坊市薗350番地
電話:0738-23-5510 ファックス:0738-22-4120
お問い合わせフォーム