現在の位置

少子化対策について

『妊婦健康診査』 妊婦健康診査費助成事業

妊婦健康診査を必ず受けましょう!

  • 妊娠の届出をされると、8種類(22枚)の妊婦健診受診票(補助券)を交付いたします。
  • 妊婦健診を受けられるときは、毎回必ず全ての妊婦健診受診票を持参し、医療機関とご相談のうえ使用してください。
  • 里帰り先で妊婦健診を受けられる方も補助の対象となりますので、必ず早めに担当係までご連絡ください。
  • 妊婦健康診査費費用で、自己負担額(上限1万円)を払い戻しいたします。

妊婦健康診査って何をするの?

  • 妊婦さんの健康状態や、赤ちゃんの育ちぐあいをみるため、身体測定や血液・血圧・尿などの検査をします。
  • 特に、貧血、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などの病気は、お腹の赤ちゃんの発達に影響し、母体の健康を損なうことがあります。
  • 妊娠健診を受けることで、病気などに早く気づき、早く対応することができます。

『こうのとりサポート』

不妊に悩む夫婦に対して、不妊治療に要する費用の一部を助成します。

一般不妊治療費の助成

一般不妊治療費助成案内(PDF:189.8KB)

ただし、1夫婦につき、1年度あたり30,000円を上限として助成します。
なお、助成期間は、連続する2年間を限度とします。(治療中断による期間延長は認めません。)

対象者

  • 法律上の婚姻をしている夫婦であって、夫又は妻のいずれか一方が和歌山県内に住民登録しており、その登録した期間が1年以上であること。
  • 御坊市に住民登録されている方。
  • 夫及び妻の前年度の所得の合計が730万円未満であること。

対象治療

  • 医療保険適用となる不妊治療
  • 医療保険適用外の不妊治療のうち、体外受精及び顕微授精を除く治療
  • 治療の一環として行われる検査、及び治療開始前に不妊原因を調べるための検査
  • 不育症に対する治療及び検査

★申請書等のダウンロード

申請書(PDF:110KB)

同意書(PDF:55.8KB)

証明書(PDF:83.3KB)

特定不妊治療費の助成

平成28年度から、特定不妊治療に要した費用の一部を助成することになりました。県の助成事業と合わせて、自己負担額が3割となるように助成します。

ただし1回の治療につき、上限初回5万円、2回目以降10万円(治療内容により異なる)

対象者

・法律上の婚姻をしている夫婦であって、御坊市に住民登録されている方

・夫および妻の前年度の合計所得が730万円未満であること

・初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が満43歳未満であること

・和歌山県特定不妊治療費助成事業実施要綱による助成金の交付決定を受けていること

対象治療

・特定不妊治療(体外受精、顕微授精)

・男性不妊治療(精巣内精子回収法、精巣上体精子吸引法)

申請について

御坊市特定不妊治療費助成申請書を御坊保健所に提出

(申請書は御坊保健所にあります)

 

 

和歌山県特定不妊治療費助成事業

詳しくは、健康福祉課 母子保健係(電話0738-23-5645)までお問合せください。

お問い合わせ先
御坊市 市民福祉部 健康福祉課
〒644-8686
和歌山県御坊市薗350番地
電話:0738-23-5645 ファックス:0738-24-2390
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。