現在の位置

認知症に関する取り組みについて

 御坊市では「認知症になっても、地域の人々に支えられ、安心して暮らせるまちをつくろう!」をスローガンに、様々な事業に取り組んでいます。

認知症花まるサポートマップ

 認知症の方やご家族の方に役立つ、様々な地域資源を掲載した「認知症花まるサポートマップ」を作成しました。

 このマップを今後も発展させるために、皆様からの情報提供をお待ちしております。

認知症花まるサポートマップ(認知症地域資源マップ)

認知症サポーター募集中!

認知症サポーターって何?

 認知症サポーターとは、何か特別なことをする人ではありません。

 認知症を正しく理解し、偏見を持たず、認知症の方や家族の方々を温かく見守る応援者です。

 どなたでもなっていただけます。

認知症サポーターになるには?

 5人以上のグループで受講をお申し込みください。

 講師役となるキャラバンメイトが講座に伺います。

 受講された方には、サポーターの証として「オレンジリング」を差し上げます。

☆上の写真の手首にしているのが、サポーターの証し「オレンジリング」です。
 また、事業所や商店街等の職域で、研修で受講していただきますと、認知症の方やご家族の方々でも安心してご利用できる事業所の証として「認知症サポーターステッカー」を差し上げます。

 「認知症サポーター養成講座」は、ご近所のお茶飲み会、商店街の会合、会社、学校等、どこへでも伺います。
 受講申込等のお問い合わせは、御坊市地域包括支援センター(23-5851)までご連絡ください。

認知症地域支援推進員について

~認知症の人が住み慣れた地域で安心して暮らしていくことができるように~

 認知症の人やその家族を支えるため、また関係機関との連携を図るために、御坊市地域包括支援センターに認知症地域支援推進員を配置しています。

認知症地域支援推進員の役割

 認知症の介護や医療における専門的知識及び経験を有する者で、主に次のような業務を行います。

(1) 認知症の人に対し、状態に応じた適切なサービスが提供されるよう、認知症サポート医、認知症疾患医療センターを含む医療機関、介護サービス事業者、認知症サポーター等、地域における認知症の人や家族を支援する関係者との連携。

(2) 地域における認知症の人や家族の相談支援及び支援体制の構築。

(3) 次の事業の実施に関する企画及び調整。

ア 病院、介護保険施設等における認知症対応力向上を図るための支援に関する事業

イ 地域密着型サービス事業所、介護保険施設等における在宅生活継続のための相談及び支援に関する事業

ウ 認知症の人の家族に対する支援に関する事業

エ 認知症ケアに携わる多職種協働のための研修に関する事業

オ 認知症に対する正しい理解の普及及び啓発に関する事業

認知症初期集中支援チームについて

~早めにかかわり、早めにサポートします~

 認知症には、早期から専門的な診断(鑑別診断)を実施し、医療と介護の両面から適切な支援を行うこと、また周りの方々の理解が重要です。

 認知症初期集中支援チームは、研修を受けた医療・介護の専門職や医師が、認知症の(または認知症の疑いがある)本人やご家族に関わり、必要な支援について一緒に考え、適切な支援につなげられるよう、御坊市地域包括支援センターに配置しています。

あれっ?」と思ったら早めの相談を

 「もの忘れが増えた」「なんか最近ちょっと気になるなぁ」「相談するほどのことなのかな」など、お悩みの方もおられると思います。仮に認知症でなくても、相談や診断を受けることは可能です。ぜひ、お気軽にご相談ください。

 また、「もの忘れ相談会」事業や「認知症疾患医療センター」の紹介も行っております。何か気になることがございましたら、

御坊市地域包括支援センター(電話0738-23-5851 メールkaigo@city.gobo.lg.jpまでお気軽にお問合せください。

 

高齢者安心サポート事業

 「最近様子がちょっと違うな」「1人で外へ出て行ってしまうので心配」と心配されておられるご家族様、「高齢者安心サポート事業」に登録しませんか?

  「高齢者安心サポート事業」とは、認知症の症状等で行方不明になるおそれのある方を事前に登録しておき、万が一行方不明になったときに、地域包括支援センター・在宅介護支援センター・民生委員等の関係機関が迅速に捜索活動に協力できるよう体制を整備するものです。

登録方法

登録様式に必要な情報を記入していただき、ご本人の写真(全身の写真と顔の写真)を添付して、御坊市役所に提出していただきます。

 いただいた情報は、個人情報ですので厳重に管理いたします。

登録様式(PDF:79KB)

高齢者安心サポート事業(見守り機器等の購入補助)

平成28年9月1日から高齢者の見守りに役立つ(助けとなる)機器又はサービス等(以下「機器等」といいます。)を利用する際の費用の一部を補助する事業を行います。

対象者

1 見守りを必要とする高齢者(以下「対象者」という。)が市内に居住し、「高齢者安心サポート事業」に登録している対象者本人及びその親族。
 

2 対象者自身が機器等の操作及び日常的な管理を行うことが出来ること、または機器等の操作及び日常的な管理を補助できる者が居ること。
 

3 対象者1人につき1回のみ、1万円を上限として機器等を利用する際の初期導入費用のみを対象とし、利用に伴い定期的に発生する費用等は対象外とする。

申請方法

1 申請者は、申請書に利用しようとする機器等の見積書、パンフレット等の資料を添えて申請して下さい。
 

2 市は、申請内容を審査し、交付指令書を交付します。
 

3 申請者は、交付指令書を受領後に機器等を購入し、費用を支払います。
 

4 申請者は、納品書・領収書を添えて実績報告書と請求書を提出します
 

5 市は、実績報告書の内容を審査し、補助金を交付します。

御坊市高齢者安心サポート事業補助金交付要綱(PDF:104.1KB)

安心サポート事業様式(PDF:129.8KB)

お問い合わせ先
御坊市 市民福祉部 介護福祉課
〒644-8686
和歌山県御坊市薗350番地
電話:0738-23-5851 ファックス:0738-23-2550
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。