現在の位置

冬に発生しやすい火災に注意しましょう

この時期は空気が乾燥し、気温も下がり寒くなることから、カセットこんろや暖房器具を使う機会が多くなるため、全国的に火災が多くなります。

【カセットこんろの取り扱いにご注意を!】

 寒くなり、鍋料理などでカセットこんろを使用する機会が多くなる季節となりました。カセットこんろの取り扱いには、十分注意してください。

●燃料ボンベをカセットこんろに正しく装着し、カセットこんろの燃料ボンベカバー部に鉄板や鍋が覆いかぶさる状態にしない。

鉄板等からの放射熱で燃料ボンベが過熱し、内圧が高まり破裂する危険性があります。

                             ビフォアー   

              【正しい位置

  アフター

             危険な位置                                      

                                      

【暖房器具の使用方法にはご注意を!】

●ストーブの周りには燃えやすいものを置かない、また、ストーブの上で洗濯物を干したり、近くで乾かしたりしない。

ストーブの近くに衣類や雑誌等の燃えやすい物を置いていると、何かのはずみでストーブに接触し発火したり、洗濯物等が落下して発火する恐れがあります。

●ストーブに給油するときは、下記のことに注意する。

必ずスイッチを切ってから給油しましょう。また、火気のないところでカートリッジタンクをひっくり返し、カートリッジタンクから灯油が漏れないことを確認してからセットしましょう。

●就寝時や外出時は必ず暖房器具等の電源を切る。

布団などが接触して火災となる恐れがあります。

寝る時や外出する時は暖房器具等のスイッチを切る習慣を身につけましょう。

●こたつの中で洗濯物を乾かさない。

ヒーター部分の保護カバーに長時間触れることで、発火する恐れがあります。