現在の位置

道路交通法改正

平成29年3月12日 改正道路交通法の主なポイント

18歳から取得できる「準中型」免許が新設されました

 準中型免許は、従来の普通自動車運転免許(普通免許)と、中型自動車運転免許(中型免許)の間に新設されます。この準中型免許で運転できる自動車は、車両総重量が7.5トン未満で、最大積載量が4.5トン未満までです。普通自動車からいわゆる「2トントラック」と呼ばれるクラスの車両までを運転できます。

準中型免許の新設(PDF:861.9KB)

75歳以上の方は、認知機能の状況に応じ診断や講習の機会が増えます

 75歳以上の運転者が、免許証を更新する際の認知機能検査を受け、認知症の恐れがあると判定された場合、臨時適性検査又は命令に従い主治医等の診断書を提出しなければならなくなります。また、更新時以外で一定の交通違反をした場合、臨時認知機能検査を受けなければならなくなります。

高齢者対策の推進(PDF:578.9KB)

お問い合わせ先
御坊市 市民福祉部 防災対策課
〒644-8686
和歌山県御坊市薗350番地
電話:0738-23-5528 ファックス:0738-52-7036
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。