現在の位置

道路交通法改正

令和2年6月30日施行 改正道路交通法の主なポイント

妨害運転(「あおり運転」)に対する罰則の創設等

(1)妨害運転(「あおり運転」)をした場合(交通の危険のおそれ)

 他の車両等の通行を妨害する目的で、一定の違反(10類型の違反。下記参照)行為であって当該他の車両等に道路における交通の危険を生じさせるおそれのある方法によるものをした場合。

 【罰則】3年以下の懲役または50万円以下の罰金

 【違反点数】25点

 【行政処分】免許の取り消し(欠格期間2年)

        ※前歴や累積点数がある場合には最大5年に延長

 【一定の違反】

 1.通行区分違反

 2.急ブレーキ禁止違反

 3.車間距離不保持

 4.進路変更禁止違反 

 5.追越し違反

 6.減光等銀無違反

 7.警音器使用制限違反

 8.安全運転義務違反

 9.最低速度違反(高速自動車国道)

 10.高速自動車国道等駐停車違反

(2)妨害運転(「あおり運転」)により著しい交通の危険を生じさせた場合

 1の罪を犯し、よって高速自動車国道等において他の自動車を停止させ、その他道路における著しい交通の危険を生じさせた場合。

 【罰則】5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

 【違反点数】35点

 【行政処分】免許の取り消し(欠格期間3年)

        ※前歴や累積点数がある場合には最大10年に延長 

 

警察庁・都道府県警察のチラシ

警察庁・都道府県警察チラシ(前面)(PDF:144.9KB)

警察庁・都道府県警察チラシ(裏面)(PDF:275.4KB)

令和元年12月1日施行 改正道路交通法の主なポイント

運転中のスマートフォン等利用に対する罰則強化

○携帯電話使用等(保持)・・・通話(保持)、画像注視(保持)する行為

 【改正前】

  罰則:5万円以下の罰金

  反則金:大型7千円、普通6千円、二輪6千円、原付5千円

  点数:1点

 【改正後】

  罰則:6月以下の懲役又は10万円以下の罰金

  反則金:大型2万5千円、普通1万8千円、二輪1万5千円、原付1万2千円

  点数:3点

○携帯電話使用等(交通の危険)・・・通話(保持)、画像注視(保持)、画像注視(非

 保持)することによって交通の危険を生じさせる行為

 【改正前】

  罰則:3月以下の懲役又は5万円以下の罰金

  反則金:大型1万2千円、普通9千円、二輪7千円、原付6千円

  点数:2点

 【改正後】

  罰則:1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

  反則金:適用なし(反則金制度の対象外となり、すべて罰則の対象に)

  点数:6点(免許停止)

 警察庁・都道府県警察のチラシ

警察庁・都道府県警察 制作チラシ(表面)(PDF:1.1MB)

警察庁・都道府県警察 制作チラシ(裏面)(PDF:838.3KB)

運転免許証の再交付要件の緩和について

運転免許証の再交付に関して、紛失や破損に限らず、名字や住所変更等で記載事項の変更届出をした場合でも申請が可能となりました。

運転経歴証明書の交付要件の見直しについて

運転経歴証明書について、自主返納者のみに限らず、免許失効者(運転免許証の更新を受けずに失効した人)についても交付申請が可能となりました。

また、運転経歴証明書の交付を申請できる公安委員会が、運転免許の取り消しを行った都道府県公安委員会から、現在の住所地を管轄する公安委員会に改められました。

平成29年3月12日 改正道路交通法の主なポイント

18歳から取得できる「準中型」免許が新設されました

準中型免許は、従来の普通自動車運転免許(普通免許)と、中型自動車運転免許(中型免許)の間に新設されます。この準中型免許で運転できる自動車は、車両総重量が7.5トン未満で、最大積載量が4.5トン未満までです。普通自動車からいわゆる「2トントラック」と呼ばれるクラスの車両までを運転できます。

準中型免許の新設(PDF:861.9KB)

75歳以上の方は、認知機能の状況に応じ診断や講習の機会が増えます

 75歳以上の運転者が、免許証を更新する際の認知機能検査を受け、認知症の恐れがあると判定された場合、臨時適性検査又は命令に従い主治医等の診断書を提出しなければならなくなります。また、更新時以外で一定の交通違反をした場合、臨時認知機能検査を受けなければならなくなります。

高齢者対策の推進(PDF:578.9KB)

お問い合わせ先
御坊市 市民福祉部 防災対策課
〒644-8686
和歌山県御坊市薗350番地
電話:0738-23-5528 ファックス:0738-52-7036
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。