宮子姫物語

  第42代文武天皇のお妃となり、第45代聖武天皇のご生母となられた宮子姫(藤原宮子)は、7世紀後半、九海士(くあま)の里(現在の御坊市)でお生まれになったと伝えられ、『宮子姫物語』が語り継がれております。

『宮子姫物語 』

 

 

  九海士(くあま)の里(現在の御坊市)に住む海女の夫婦は、子宝に恵まれないことから氏神の八幡宮にお祈りしたところ、女の子を授かりました。そこで名前を「宮」と名づけました。ところが大きくなっても宮には髪の毛が生えてきません。両親は悲嘆にくれていました。

宮子姫伝説2

 

 

 ある日、母親が海に潜っていると、海底に光輝くものがありました。それは黄金色の小さな小さな観音様でした。

宮子姫伝説3

 

 

 持ち帰った観音様をお祀りして、毎日お祈りを続けていると、にわかに宮の髪が生えはじめました。

宮子姫伝説4

 

 

 髪はどんどん伸び、里の人々は宮のことを「髪長姫」と噂するようになりました。

宮子姫伝説5

 

 

 ある日、宮が黒くてつやつやした髪をすいていると、ツバメが飛んできてその髪を一本くわえ、飛び去りました。

宮子姫伝説6

 

 奈良の都で勢力を誇っていた藤原不比等の屋敷の軒にツバメが巣を造りました。巣から垂れ下がる長い黒髪を見つけた不比等は髪の主を探しだし、養女に迎え入れました。当時、長い黒髪は美人のあかしでした。

宮子姫伝説7

 

 

 不比等の養女となった宮は、「宮子」という名をいただき、やがて文武天皇に見初められ后となり、奈良の東大寺を建立した聖武天皇の母となりました。

 宮子は黒い長い髪を授けてくれた観音様をお祀りしたいと文武天皇にお願いしました。
 天皇は紀道成に命じて立派なお寺をつくらせました。それがあの道成寺だというのです。

宮子姫伝説8

お問い合わせ先
御坊市 産業建設部 商工振興課
〒644-8686
和歌山県御坊市薗350番地
電話:0738-23-5531 ファックス:0738-23-5848
お問い合わせフォーム