旧中川家

概要

 代々材木商として栄えた中川家は北側の通りに面して主屋と蔵が並ぶ建物群で、主屋の大屋根の下に庇が廻り、玄関にはさらに一層庇が設けてあります。2階部分にも複雑に屋根が設けられています。これらの凝った意匠(デザイン)は外観からみても昭和初期の優れた邸宅であることを感じさせます。主屋と向かいあった戌亥(北西)の位置の蔵との間がアプローチになっています。

 玄関を入ると正面が中庭になっており北面の部屋群と南面の部屋群を分けています。北面する部屋に洋風の応接間があります。部屋の東面する壁の中央に設けられた暖炉や輸入もののクロス、洋組の梁型を表した内部構成など実に興味深い。通りに面する開口部には横長に割り付けた建具を入れています。玄関脇の座敷の部屋の窓外に格子が入っているが、単なる縦格子ではなく上下の板を曲面に彫り込む繊細な意匠に仕上げています。 昭和初期の邸宅の中に近代建築のさまざまな要素をいたるところに感じさせる建物であります。

nakagawake

地図情報

お問い合わせ先
御坊市 産業建設部 商工振興課
〒644-8686
和歌山県御坊市薗350番地
電話:0738-23-5531 ファックス:0738-23-5848
お問い合わせフォーム