Sioトープ

 日高港塩屋緑地は、多くの皆様方に親しみと愛着をもっていただける公園として、親水池に使用している海水(潮:シオ)、また所在地である御坊市塩屋町の塩(シオ)の語句を用いた愛称「Sioトープ」と呼ばれています。
 このSioトープは、海水が流れる親水池を取り囲むように緑地公園が広がっており、親水池内では、「水木しげるが描くゲゲゲの鬼太郎と和歌山の妖怪」像が設置されています。
 親水池の磯部には、日高港周辺に生息する小魚などを放流しており、子どもたちが妖怪にふれたり、海の生物を間近で観察することができる憩いの空間を創出しています。
 公園周辺には、日高港新エネルギーパーク(EEパーク)をはじめ、桜の名所の塩屋王子神社(熊野古道九十九王子社の一つで、別名美人王子)や御坊市の天然記念物「はまぼう」の群生地などがあります。

Sioトープの周辺地図(PDF:1.6MB)

Sioトープの紹介(PDF:579.2KB)

Sioトープの妖怪達(PDF:638.2KB)

Sioトープの魚たち(PDF:1MB)

お問い合わせ先
御坊市 産業建設部 商工振興課
〒644-8686
和歌山県御坊市薗350番地
電話:0738-23-5531 ファックス:0738-23-5848
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。