現在の位置

御坊の歴史 年表(昭和50年~平成5年)

 
西暦 年号 事項
1975年 昭和50年 3月 日高青果物商業協同組合、湯川町小松原に新市場建設 移転
5月 老人大学開校
5月 藤井浄水場完成
10月 国勢調査 人口30,272人、世帯数8,532
  この年御坊市・印南町で県下の西瓜の約6割を生産する一大産地となる。
1976年 昭和51年 3月 「獅子頭づくり」の山本幸太郎氏和歌山県名匠に選ばれる。
3月 熊野山林火災
9月 市文化賞制定
11月 中央劇場(洋画上映専門館)閉館
1977年 昭和52年 3月 「御坊人形づくり」の田中正助氏和歌山県名匠に選ばれる。
5月 名田町林野火災
1978年 昭和53年 10月 紀勢本線御坊~紀伊田辺間複線化完成
10月 老松座(映画館)閉館
11月 日高町大字荊木の一部を御坊市に編入
11月 御坊製材・プラスチック団地工場建設完了
1979年 昭和54年 3月 塩屋小学校の校舎竣工
4月 市民憲章制定
4月 市の木に「はまぼう」を制定
4月 同和対策小集落地区改良事業着手
5月 市制施行25周年記念式典
1980年 昭和55年 7月 御坊広域清掃センター竣工式
10月 国勢調査 人口30,398人、世帯数8,933
1981年 昭和56年 3月 御坊商工高等学校選抜高校野球大会出場(2回目)ベスト8に進出
3月 御坊発電所の工事着工
4月 市の花に「こぎく」制定
6月 市スポーツ賞制定
10月 野口新橋竣工
11月 「御坊市史」4巻完結
11月 名田中学校、現在地に新校舎竣工
1982年 昭和57年 3月 御坊市福祉センター竣エ
4月 御坊田園テクノタウン基本構想公表
8月 全日本バレーボール小学生大会で御坊青葉クラブ全国優勝
12月 消防庁舎、現在地に新築移転
1983年 昭和58年 1月 御坊保健所、現在地に移転業務開始
3月 市立武道館竣工
7月 御坊郵便局、現在地に新築移転業務開始
7月 皇太子、妃両殿下が来坊される。
8月 全日本バレーボール小学生大会で御坊青葉クラブが全国優勝V2
10月 日高港、国の重要港湾に指定される。
1984年 昭和59年 2月 御坊市長期総合計画を策定
3月 御坊駅舎が新装
4月 市民文化会館竣工
5月 市制30周年記念式典、市民まつり行事開催
9月 関西電力御坊発電所1号機運転開始(日本初の外海での人工島方式)
11月 関西電力御坊発電所2号機運転開始(日本初の外海での人工島方式)
1985年 昭和60年 3月 関西電力御坊発電所3号機運転開始(日本初の外海での人工島方式)
3月 テレトピア構想地域に指定(御坊・田辺周辺広域市町村圏)
4月 湯川幼稚園開園
7月 第1回紀州清姫まつり開催
10月 国勢調査 人口30,450人、世帯数9,015
11月 亀山城400年祭(式典・追悼法要・本丸跡整備等)
1986年 昭和61年 3月 御坊商工高校が選抜高校野球大会出場(3回目)
4月 市内全域に防災行政無線放送施設が完成
6月 日高博愛園 開設
6月 核兵器廃絶平和都市宣言(御坊市)
1987年 昭和62年 1月 市議会議員選挙(定数20に減少)
5月 市立図書館・中央公民館竣工、開館(6月)
6月 県立暖地園芸総合指導センター(現:農業試験場暖地園芸センター)竣工
1988年 昭和63年 3月 県伝統工芸品に「御坊人形」が指定される。
6月 交通安全都市宣言(御坊市)
7月 歴史民俗資料館竣工
  児童センター竣工
  御坊クリーンセンター(し尿処理施設更新)竣工

 

 
西暦 年号 事項
1989年 平成元年 3月 日高高校が選抜高校野球大会に出場(2回目)
5月 市制施行35周年記念式典
7月 JR紀勢本線新大阪・京都へ特急乗入始まる
11月 市斎場竣工
1990年 平成2年 10月 国勢調査 人口29,133人、世帯数9,179
10月 河南中学校、現在地に新校舎竣工
1991年 平成3年 3月 日高高校が第22回女子バレーボール高校選抜優勝大会に出場(初出場)
4月 第2次御坊市長期総合計画策定
6月 名田町で日建加工工業株式会社和歌山工場(現:日建産業株式会社和歌山工場)が操業開始
  御坊大橋竣工
1992年 平成4年 1月 名田幼稚園舎竣工
3月 日高高校が選抜高校野球大会に出場(3回目)
3月 日高高校が第23回女子バレーボール高校選抜大会に出場(2回目)
6月 市長に柏木征夫氏就任(第5代)
1993年 平成5年 2月 御坊駅前広場竣工
3月 八幡山公園竣工
8月 田辺・御坊地方拠点都市地域指定