現在の位置

肝炎ウイルス検査

肝炎ウイルス検査を受けられる方へ

肝炎の8割は「肝炎ウイルス」の感染によるものです。

放置すると、慢性肝炎から肝硬変、肝がんと進行する恐れがあります。

 

肝炎ウイルスを早期に発見し、早期に治療するために、1回は肝炎ウイルス検査を受診しましょう。

まだ受診されたことのない方は、特定健診やがん検診と一緒に受診できます。検診受診券をご確認ください。

肝炎ウイルス検査を受けられる方へ(PDF:311.1KB)

和歌山県肝炎ウイルス検査事業

肝炎ウイルス検査に関する啓発リーフレット(PDF:391.3KB)

肝炎治療の助成について

B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスは、早期発見、早期治療により、肝硬変、肝がんといった重篤な病態を防ぐことが可能です。

ウイルス検査の結果、陽性と判定された方は、早期に適切な治療を受けましょう。

和歌山県では、必要なフォローアップや初期精密検査、定期検査を受ける際の医療費の助成を行っています。

詳しくは、下記のページをご覧ください。

和歌山県肝炎ウイルス陽性者フォローアップ事業

肝炎医療費助成事業について

お問い合わせ先
御坊市 市民福祉部 健康福祉課
〒644-8686
和歌山県御坊市薗350番地
電話:0738-23-5645 ファックス:0738-24-2390
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。