現在の位置

骨粗しょう症検診

骨粗しょう症検診

 骨粗しょう症は、長年の生活習慣などにより骨がスカスカになって骨折しやすくなる病気です。骨粗しょう症は、閉経期以降の女性に多くみられますが、若い人でも栄養や運動不足、薬剤の影響などで生じる場合があります。

 今回、節目年齢のみなさまを対象に、骨粗しょう症検診受診券を送付しています。この機会にぜひ骨粗しょう症検診を受けましょう。


対象者

40歳(昭和51年4月2日~昭和52年4月1日生まれ)の女性
45歳(昭和46年4月2日~昭和47年4月1日生まれ)の女性
50歳(昭和41年4月2日~昭和42年4月1日生まれ)の女性
55歳(昭和36年4月2日~昭和37年4月1日生まれ)の女性
60歳(昭和31年4月2日~昭和32年4月1日生まれ)の女性
65歳(昭和26年4月2日~昭和27年4月1日生まれ)の女性
70歳(昭和21年4月2日~昭和22年4月1日生まれ)の女性

検査方法
DXA法による骨塩定量検査で腰椎及び大腿骨近位部

期間

平成29年5月1日~平成30年3月31日

費用

700円

 

骨粗しょう症検診受診券見本(PDF:233.7KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。