現在の位置

高齢者の肺炎球菌感染症定期予防接種

 平成26年10月1日から高齢者の肺炎球菌感染症予防接種が定期予防接種になりました。

 

高齢者の肺炎球菌感染症定期予防接種について


 高齢者肺炎球菌感染症定期予防接種を希望される高齢者の人に、接種費用の一部を助成します。(御坊市が9割を助成しますので、自己負担額は、800円です。)

 本年度の助成対象者は、下記の平成31年度対象者の方々です。(今年度の助成対象者のうち(1)の方には、既に案内書等を送付しております。)

 接種を希望される人は、直接協力医療機関へ予約の上、接種を受けてください。

 なお、本予防接種を定期予防接種(助成が受けられる予防接種)として接種できる期間は年齢により決まっています。接種期間以外での接種は、任意予防接種となり、市の助成を受けることはできません。

 

23価肺炎球菌ワクチンについて


 肺炎は日本人の死亡原因の第3位となっており、特に高齢者の肺炎での死亡率は高くなっています。
 日常生活で起こる肺炎の原因菌は、肺炎球菌が一番多いといわれており、その肺炎球菌には90種以上の型があります。この予防接種は、そのうち23種の型に対してワクチンの効果があります。
 この予防接種は、B類疾病の予防接種です。接種を希望される人は、予防効果や副反応などについて、十分に理解したうえで、医師と相談し接種をお願いします。
 

接種期間


 令和2年6月1日から令和3年1月31日まで

 

助成対象者


 (1)または、(2)に該当する御坊市民で、予防接種を希望する人。

 ただし、過去に23価肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けたことがある人は、対象外となります。

 (1)65歳の人
 (2)60歳以上65歳未満の人であって、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する人


経過措置


 厚生労働省が定期接種対象者の拡大を決定したため、引き続き70歳以上でこれまで一度も23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方に改めて接種機会が設けられました。平成31年度から令和5年度までの間は、当該年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方を対象とします。

 

平成31年度対象者


 65歳相当の人(昭和30年 4月 2日生~昭和31年 4月 1日生)
 70歳相当の人(昭和25年 4月 2日生~昭和26年 4月 1日生)
 75歳相当の人(昭和20年 4月 2日生~昭和21年 4月 1日生)
 80歳相当の人(昭和15年 4月 2日生~昭和16年 4月 1日生)
 85歳相当の人(昭和10年 4月 2日生~昭和11年 4月 1日生)
 90歳相当の人(昭和  5年 4月 2日生~昭和 6年 4月 1日生)
 95歳相当の人(大正14年 4月 2日生~大正15年 4月 1日生)

100歳相当の人(大正  9年 4月 2日生~大正10年 4月 1日生)

接種場所


 高齢者肺炎球菌感染症予防接種協力医療機関で実施します。

 直接、協力医療機関にお申し込みください。

令和2年度 高齢者肺炎球菌 受託医療機関(PDF:136.6KB)

接種回数


 1回

 

接種費用(自己負担額)


 800円

※市民税非課税世帯か生活保護世帯の方は、無料券を発行しますので、必ず接種前に健康福祉課へお問い合わせください。接種後の払い戻しは致しませんのでご注意ください。

 

その他


 過去に肺炎球菌の予防接種を受けたことがある人は、定期接種の対象外となります。
 本予防接種は、接種を受ける法律上の義務はありません。自らの意思で接種を希望する人のみに接種を行うものです。
 本予防接種を定期予防接種(助成が受けられる予防接種)として接種できる機会は年齢により決まっています。接種期間以外での接種は任意予防接種となり、市の助成を受けることはできません。
 

厚生労働省ホームページ(高齢者肺炎球菌感染症)

お問い合わせ先
御坊市 市民福祉部 健康福祉課
〒644-8686
和歌山県御坊市薗350番地
電話:0738-23-5645 ファックス:0738-24-2390
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。